キッズ向けプログラミング倶楽部の初級コース

学校でプログラミング必修化が始まるため、それに備えて様々で準備をしている子供たちも少なくありません。
家庭で学習する場合は様々な方法がありますが、キッズ向けのプログラミング倶楽部もオススメです。
このようなキッズ向けのプログラミング倶楽部は、それぞれの地域にありますので確認しておくと良いでしょう。

このような機関では、コンピューターについて様々なことを教えてくれますが、初めての方は初級コースがオススメです。
ここではあるクラブの、「Scratch」初級コースの内容を紹介します。
ちなみに「Scratch」は、大学で開発された教育用の言語です。
マウスとテンキー操作だけで、ほとんどのプログラムができてしまうという簡単さが魅力です
これならコンピューターが初めての方でも、抵抗なく入っていけるのではないかと思います。
プログラム入門用として、今、最も人気のある言語のひとつになります。

初級コースでは、主としてゲーム作成を通じてプログラムの基本である、順次処理、繰り返し、条件分岐などを身につけていきます。
クラブでは、プロジェクトチームでそれぞれの作品を作ることを目標にしていますので、モチベーション維持にも役立ちます。

初級コースのカリキュラムは以下のようになっています。
1. Scratchを使ってみよう、ここではScratchのインストールや使い方を学びます。
2. 海中の生物たち、ここでは繰り返し処理する方法を学びます
3. こうもりこわい、ここでは変数の使用を学びます
4. リンゴキャッチ、ここでは乱数の使用を学びます
5. Space travel、ここでは流れる背景や加速度、ブロック要素などを学びます
6. 大砲対戦ゲーム、ここでは放物線やイベントを学びます
7. グループ作品制作、プログラム設計と作業分担を確認します

初級コースで使用するScratchという言語はマウスとテンキーだけで学習できますので、パソコン初心者の方でもすぐにスタートできます。